余計に一目ぼれをしてみたい

わたしはこんな結婚がしてみたい。

そう思ったことはありませんか。

わたしとしては、なんて書きだしてみましたが。

実際、すでに結婚しているんです。

しかも、ほどほどに満足しているんですよ。

だけど、わたしにも理想の結婚があったんですよ。

理想としてはやっぱり、恋愛をしてみたかったですね。

恋愛ってどういうものなんでしょう。

恋愛には一目ぼれというものがあります。

だけど、一目ぼれなんて滅多になかったんですよ。と言われると余計に一目ぼれをしてみたいと思ったものです。

結局、そんな機会はなかったんですけどね。

きっと、一目ぼれだったら相手のことしか、目に入らない。

そんなものではないでしょぅか。

結局、そういう関係って疲れるだけかもしれませんが。

それにすぐ、瓦解してしまいそうな危うさがあってあこがれてしまうんですよ。

でも、わたしの知り合いで一目ぼれで駆け落ちまでした人がいます。

というか、いたというべきでしょうか。

わたしの友達でしたけどね。

でも、その子も結局は破局してしまいました。案外、現実は厳しいものがあるんですね。

彼女は結局、卒業間近だったのに高校を退学して、その後、一度だけ再会したんですが。

今は音信不通なんですよ。